フィンペシアと副作用|EDの可能性が出るって本当ですか?

フィンペシアを服用すると、全体の1%ではありますが、EDの症状を発症するともいわれています。しかし、実際には不確かな情報から不安になり、心因的要因からEDになっている男性も多いのです。
フィンペシアの服用にあたり、事前に正しい知識を身につけていきましょう

フィンペシアを服用するとEDに?

男性のアップ
フィンペシアを服用することで、性欲の減退や勃起不全が報告されています。
AGAは男性ホルモンの変異が主な原因とされており、そのためフィンペシアに含まれる成分は、DHTと呼ばれるホルモンを抑制する働きがあります。しかし、実際には性欲に働きかけている男性ホルモン、テストステロン」には直接アプローチすることはありません
ではなぜ、EDの症状が出ると言われているのでしょうか?
それは、フィンペシア服用後にDHTが急激に減少することが原因ではないかと言われています。これにより、睾丸への痛みや違和感から、自然と性欲減退に繋がる方がいるようです。また、ほんの一握りですが、フィンペシア服用中に若干の精子の減少も確認されています。フィンペシアを服用すると、誰でもEDになるというわけでなく、可能性として否定できないレベルというわけです。

さらに、フィンペシアも医療用医薬品のため、気をつけたい副作用があります。以下をチェックして、長期治療のAGAと向き合っていきましょう!

フィンペシアと肝機能障害について

フィンペシアの有効成分であるフィナステリドは、肝臓で分解されていきます
AGAの治療には、毎日の服用が必要不可欠です。そのため、肝臓には常に一定の負担がかかることになりますが、沈黙の臓器といわれるほど、異常が出ても気づくまでに時間がかかってしまうことが多いため、以下のチェック項目を確認しましょう。

・酷い倦怠感
・食欲不振
・黄疸

肝機能に異常を感じた場合は、すぐに病院へ行き血液検査を行ってください。
肝機能障害であれば、服用の中止が必要です。

薬が効き始めた!初期脱毛について

抜け毛
フィンペシアの服用をはじめて約2~3週間たつと、初期脱毛と呼ばれる、抜け毛が始まります。せっかく薬を服用しているのに、「毛が抜けてしまうのはナゼ?」と疑問に思う方も多いでしょう。
フィンペシアの有効成分は、毛の育毛に必要不可欠な「毛母細胞」に直接働きかけます。これにより、休止期に入っていた毛穴が活発化し、新しい毛を作りだし成長させるため、もともと生えていた弱くて古い毛が抜け落ちてしまうのです。これが初期脱毛と呼ばれる症状になります。
そのため、初期脱毛がおこるということは、毛が入れ替わっているサインでもあり、薬が効き始めているということです。
毛が抜け落ちているからと、利用を中止することなく継続していきましょう。
詳しい毛のヘアサイクルについて

フィンペシアの副作用

その他、フィンペシアの副作用として以下の症状が挙げられます。
一時的な症状もありますが、あまりに長く続くようなら医師の診断をうけましょう。

・頭痛
・腹痛
・食欲不振

フィンペシアを正しく利用してAGA改善!

フィンペシアは医療用医薬品です。そのため、服用時に副作用がある可能性は否定できません。しかしその症状に、誤解を持っている男性が多いのも事実です。フィンペシア服用時に正しい情報を理解し、長期服用でAGAを改善しましょう!

投稿日:

Copyright© フィンペシア通販|薄毛・抜け毛から脱却!AGAの治療薬 , 2019 All Rights Reserved.